メダカの飼育
メダカの飼育水槽と環境は? 一般的に屋外の直射日光の当たる場所で、水温の変動が少なくするために夏場はホティ草やスイレンなどの水棲植物を入れ環境に適した場所にしてください。屋外のほうが繁殖には適しています。水槽には飼う魚数を考慮して適した水槽やスイレン鉢をそろえてください。植物により飼育水は安定した水質になります。雨水は、できる限り入らないようにしてください。夏場でも蒸発で水位がさがった分の水をカルキ抜きした水でまたは汲み置きの水で温度調整後追加します。ヤゴの発生や水質が悪化の場合1/2くらい カルキ抜きした水でまたは汲み置きの水で温度調整後交換します。
白濁したりメダカが多い場合は、エアーレーションしたりろ過装置をセットしたりしてください。えさの量、魚の数、酸素不足に注意してください。室内飼育ではメダカに適したフィルターで1/2くらいずつカルキ抜きした水でまたは汲み置きの水で温度調整後交換してください。
花鉢のようなフィルターなしの容器ではにごりが出てきた時点でカルキ抜きした水でまたは汲み置きの水で温度調整後水替えします。エサの与えすぎに注意してください。
新たに魚を増やすときの注意点? 新規の場合 カルキ抜きした水や2〜4日汲み置きした水の池や水槽に袋のまま浮かせ水温合わせをしてから放してください。   追加の時も  夏場、冬場 水温の大きな変動がないように徐々に水温をあわせるように工夫してください。  開封前の袋の酸素ガスが急にガスの温度が上がりあがってしまう場合、 池や水槽の水温が袋の水温より極端に高い場合 袋内で酸素が溶け込まず急激に弱ってしまいます、最悪死んでしまいます。慎重に水温合わせをしてください。
新たに魚が増えたことで以前とは環境が変化しています、環境に馴染むまで数日間はエサを控えてください。魚が活発に泳ぐのを見てから徐々にエサを与えてください。
飼料と与え方? 朝から16:00頃までに食べ残しのない量で回数を増やしてください。水温10度以下では与えないでください。また高タンパク飼料や色揚げ飼料等は適温がありますので各飼料ごとに調整してください。くれぐれも与えすぎに注意してください。また魚の動きが悪いとき 台風とか天候が悪くなるとき 気圧、水温の変動が激しいときはエサを控えてください。  えら病になりやすくなります。
メダカの体調管理? 20度前後での水温変化、澄んでいても水質の悪化や老化、汚泥やコケの過剰発生、白濁、えさの与えすぎ、酸素不足、魚を増やした時の環境変化なので     
水面に浮いたり、底に沈んだり 動きが緩慢な時、尾がぼろぼろになってきた時、充血ししてきた時、白点が無数に体表についた時、粘膜が体表についてきた時、病気のシグナルです。汲み置いた水で水温を合わせ水替えし 症状によってトロピカルゴールドとかエルバージュ、グリーンFゴールド、アクデンなどを使用します。メダカは小さな魚種です、使用要領は、説明書に従ってください。
金魚の飼育
金魚の飼育水槽と環境は? 一般的に室内の直射日光の当たらない場所、水温の変動が少ない場所に水温1度の変化は人間でたとえると5度ぐらいの変化だといわれています。環境に適した場所に設置してください。水槽には飼う魚種や飼育魚サイズ、魚数を考慮して適した水槽と必要なろ過装置、照明器具、保温器具、底砂等をそろえてください。夏場は半月くらいに約1/2くらいの水をカルキ抜きした水でまたは汲み置きの水で温度調整後水替えします。
交換時底砂の汚れをとりながら排水します。底砂は、ろ過の一部です。ろ材も目詰まりで嫌気性にならないように、きれいにし過ぎない程度に注意してください。 白濁しないようバクテリヤの繁殖とのバランスをとりながらえさの量、魚の数、酸素不足に注意してください。
花鉢のようなフィルターなしの容器ではにごりが出てきた時点でカルキ抜きした水でまたは汲み置きの水で温度調整後水替えします。
新たに魚を増やすときの注意点? 新規の場合 カルキ抜きした水や2〜4日汲み置きした水の池や水槽に袋のまま浮かせ水温合わせをしてから放してください。   追加の時も  夏場、冬場 水温の大きな変動がないように徐々に水温をあわせるように工夫してください。  開封前の袋の酸素ガスが急にガスの温度が上がりあがってしまう場合、 池や水槽の水温が袋の水温より極端に高い場合 袋内で酸素が溶け込まず急激に弱ってしまいます、最悪死んでしまいます。慎重に水温合わせをしてください。
新たに魚が増えたことで以前とは環境が変化しています、環境に馴染むまで数日間はエサを控えてください。魚が活発に泳ぐのを見てから徐々にエサを与えてください。
飼料と与え方? 朝から16:00頃までに食べ残しのない量で回数を増やしてください。水温10度以下では与えないでください。また高タンパク飼料や色揚げ飼料等は適温がありますので各飼料ごとに調整してください。赤虫はお腹にたまりにくく水温が低めのときや1日の最後の給餌に適しています。くれぐれも与えすぎに注意してください。また魚の動きが悪いとき 台風とか天候が悪くなるとき 気圧、水温の変動が激しいときはエサを控えてください。  えら病になりやすくなります。
金魚の体調管理? 金魚はデリケートな魚種です。 
20度前後での水温変化、澄んでいても水質の悪化や老化、汚泥やコケの過剰発生、白濁、えさの与えすぎ、酸素不足、魚を増やした時の環境変化なので     
水面に浮いたり、底に沈んだり 動きが緩慢な時、狂ったように動く時、えらの動きが早い時、えらが片方だけしか動かさない時、尾がぼろぼろになってきた時、充血ししてきた時、白点が無数に体表についた時、粘膜が体表についてきた時、病気のシグナルです。汲み置いた水で水温を合わせ水替えし まずは0.5%の塩水にしてエサを控えたください。症状によってトロピカルゴールドとかエルバージュ、グリーンFゴールド、アクデンなどを使用します。使用要領は、説明書に従ってください。
らんちゅう飼育
らんちゅうの飼育水槽と環境は? 一般的に水深が18cm前後、太陽光が入る屋外で雨水が入らないようにビニールハウスか取り外し可能な屋根をしたりします。。
また水温の変動が少なくなるようにに寒冷遮かヨシズなので調整したりしています。  水温1度の変化は人間でたとえると5度ぐらいの変化だといわれています。 ストーンによるエアレーションをし成長期には中2〜3日置きに汲み置きの水で水替えします。
フィルターを使用することもありますが補助的です。  室内水槽飼育の場合 フィルターを使用します。汚泥の管理がしやすいように底砂はひきません。ろ材も嫌気性にならないように酸素不足にも注意してください。 白濁しないようバクテリヤの繁殖とのバランスをとりながらえさの量、魚の数、に注意してください。
新たに魚を増やすときの注意点? 新規の場合 できる限りエアレーションやフィルターを稼動させた2〜4日汲み置きした池や水槽に袋のまま浮かせ水温合わせをしてから放してください。   追加の時も  夏場、冬場 水温の大きな変動がないように徐々に水温をあわせるように工夫してください。  開封前の袋の酸素ガスが炎天下で急にガスの温度が上がりあがってしまう場合、 池や水槽の水温が袋の水温より極端に高い場合 袋内で酸素が溶け込まず急激に弱ってしまいます、最悪死んでしまいます。慎重に水温合わせをしてください。
新たに魚が増えたことで以前とは環境が変化しています、環境に馴染むまで数日間はエサを控えてください。魚が活発に泳ぐのを見てから徐々にエサを与えてください。
飼料と与え方? 朝から16:00頃までに食べ残しのない量で回数を増やしてください。水温10度以下では与えないでください。また高タンパク飼料や色揚げ飼料等は適温がありますので各飼料ごとに調整してください。赤虫はお腹にたまりにくく水温が低めのときや1日の最後の給餌に適しています。くれぐれも与えすぎに注意してください。また魚の動きが悪いとき 台風とか天候が悪くなるとき 気圧、水温の変動が激しいときはエサを控えてください。  えら病になりやすくなります。
らんちゅうの体調管理? らんちゅうは非常にデリケートな魚種です。 
20度前後での水温変化、澄んでいても水質の悪化や老化、汚泥やコケの過剰発生、白濁、えさの与えすぎ、酸素不足、魚を増やした時の環境変化なので     
水面に浮いたり、底に沈んだり 動きが緩慢な時、狂ったように動く時、えらの動きが早い時、えらが片方だけしか動かさない時、尾がぼろぼろになってきた時、充血ししてきた時、白点が無数に体表についた時、粘膜が体表についてきた時、病気のシグナルです。汲み置いた水で水温を合わせ水替えし まずは0.5%の塩水にしてエサを控えたください。症状によってトロピカルゴールドとかエルバージュ、グリーンFゴールド、アクデンなどを使用します。使用要領は、説明書に従ってください。重症の時 トロピカルゴールドとエルバージュで薬浴 約3日くらい経過後 汲み置いた水で水温を合わせ全替えします。一例です。